欧州債:スペイン2年債利回り、過去最低に低下-製造業指標で

2日の欧州債市場では、スペインと イタリアの国債相場が上昇。スペインの2年債利回りは過去最低を付け た。ユーロ圏の製造業活動が拡大し景気回復が勢いを増しつつあるとの 見方が強まり、両国の資産に対する信頼感が高まった。

イタリア10年債利回りも低下し、昨年5月以来初めて4%を下回っ た。一方、安全資産を求める動きが後退し、ドイツ国債は値下がり。こ のため、10年物イタリア債のドイツ債に対する利回り上乗せ幅(スプレ ッド)はここ2年半で最小の幅となった。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ダブリン在 勤)は「欧州で幾つか良好な経済データが発表され、これが債券投資で 総じてリスクオンのテーマを支えた」と説明。「新年の取引は投資能力 を少し増しての幕開けとなっており、周辺国債でややリスクのある取引 が可能となっている」と語った。

ロンドン時間午後4時27分現在、スペイン2年債利回りは前営業日 比21ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.18%。一時 は1.169%と、ブルームバーグがデータ集計を開始した1993年以降で最 低となった。同国債(表面利率3.75%、2015年10月償還)価格は0.37上 げ104.57。10年債利回りは17bp下げ3.97%。

イタリア10年債利回りは12bp低下し3.97%。昨年5月23日以来の 低水準となる3.96%まで下げる場面もあった。ドイツ10年債とのスプレ ッドは一時202bpと、2011年7月以降で最も小幅となった。

英マークイット・エコノミクスが発表した昨年12月のユーロ圏製造 業景気指数(改定値)は52.7と、前月の51.6から上昇。速報値から変わ らずとなったものの、同指数は活動拡大・縮小の分かれ目となる50を6 カ月連続で上回った。イタリアの製造業景気指数は53.3と、11月の51.4 から上昇。スペインは50.8と、ブルームバーグが・ニュースがまとめた エコノミスト予想の49.8を上回った。

ドイツ10年債利回りは1bp上昇し1.94%。一時は1.97%まで上 げ、昨年9月23日以来の高水準に達した。

英国債相場はほぼ変わらずで、10年物利回りは3.03%。一時 は3.08%と、2011年7月26日以来の高水準となった。同国債(表面利 率2.25%、2023年9月償還)の価格は93.525。

原題:Spanish Note Yield Falls to Record as Euro-Area Output Expands(抜粋) 原題:Pound Slides Most in 12 Weeks Versus Dollar Amid U.S. Recovery(抜粋)

--取材協力:David Goodman. Editors: Nicholas Reynolds, Paul Dobson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE