独連銀総裁:ECBはコスト引き上げも、LTRO再開なら-独誌

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁は、長期リファイナンス オペ(LTRO)再開をECBが決定する場合には、銀行によるキャリ ー取引を防ぐためコストを高くするべきだとの考えを示した。独経済誌 ウィルトシャフツウォッヘ(WiWo)が報じた。

これによると、バイトマン総裁は同誌とのインタビューで、「不幸 にも、これまでにLTROで供給された流動性は与信に回されず、国債 購入に使われた。こうしたことは今後のオペでは回避しなければならな い。それにはコスト調整によってこうしたキャリー取引の妙味をなくす やり方が最も簡単かつ直接的だ」とも話した。

さらには、「私はそもそも、中央銀行が特定の地域あるいはセクタ ー向け銀行融資の微調整を求められることに懐疑的だ。結局は計画経済 的なアプローチで終わるからだ。これは金融政策をさらに政治化するも のだ。銀行が特定の地域あるいは借り手に融資するという事業上の決定 に、中銀は介入するべきではない」と付け加えたという。

原題:MORE: Weidmann Says ECB May Charge More for Any New LTROs: WiWo(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE