中国人民元、対ドルで20年ぶり高値更新-資本規制緩和期待で

中国人民元は2日、ドルに対し上 昇し、一時20年ぶり高値を付けた。同国政府が資本規制の緩和を加速さ せるとの期待が高まった。

中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁は中国共産党の理論誌「求 是」がウェブサイトに1日掲載した寄稿文で、外国為替市場の開放を一 段と進め、市場参加者を増やす方針を明らかにした。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、 人民元は上 海市場で前営業日比0.05%高の1ドル=6.0506元で終了。一時は6.0500 元と、公定・市場レートが統合された1993年末以降の高値を更新した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア市場 で人民元は現地時間午後5時1分(日本時間同6時1分)現在、0.13% 上昇の6.0492元。データでさかのぼれる2010年8月以降で最も高 い6.0448元まで上げる場面もあった。元の1年物ノンデリバラブル・フ ォーワード(NDF)は0.22%高の6.1110元。一時は過去最高とな る6.1073元に達した。

原題:Yuan Touches 20-Year High as China Looks to Open Currency Market(抜粋)

--取材協力:Karen Yeung. Editors: Robin Ganguly, Simon Harvey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE