ウォール街のボーナス、今年は株高の追い風期待できぬもよう

米金融機関の株価は1997年以降で最 大の上昇を昨年に演じ、繰り延べ払いのボーナスのうち株式での支給分 を大きく押し上げ、実質の賞与上乗せに貢献した。しかし、明けたばか りの今年もそうなるとは言えないようだ。

24銘柄から成るKBW銀行株指数は2013年に35%上昇し、過去16年 で最大の値上がり。13の証券会社・資産運用会社で構成するS&P500 資本市場株指数は49%高と、過去最高の上昇率を記録した。ブルームバ ーグのアナリスト調査によれば、これら金融機関の株式は今年、平 均0.2%の値下がりが見込まれている。

11年10月に始まった株価の上昇は、金融危機後にボーナスの中での 株式比重を高めたモルガン・スタンレーなど金融機関のトレーダーや従 業員にとっては朗報だったが、今後は値上がりが鈍る見込みだ。バリュ エーション(株価評価)が通常の水準に近い、あるいは既に上回ってい たり、金利を抑えることで株価を押し上げてきた政策を米金融当局が段 階的に解消しつつあるためだ。

オッペンハイマーのアナリスト、テリー・マッケボイ氏はインタビ ューで、「株価がこれまで同様の上昇を2014年に演じるのは難しいかも しれない」と話した。金融機関は「収入を伸ばすには依然として厳しい 環境下」に置かれているという。

スタイフェル・ファイナンシャルのKBW部門のアナリスト、クリ ストファー・ムタシオ氏も昨年12月11日の顧客向けリポートで、銀行株 は「もはや割安に思えない」と指摘し、今年は相場全体を上回るパフォ ーマンスとはならないだろうと予想。KBW銀行株指数の株価収益率 (PER)はS&P500指数の約80%の水準で推移しており、過去18年 の平均の約76%を上回っていると説明した。

原題:Bonus-Boosting Rally in U.S. Bank Stocks Seen Wilting in 2014(抜粋) ise.

--取材協力:Hugh Son、Dakin Campbell、Michael J. Moore. Editors: David Scheer, Robert Friedman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE