マカオの13年カジノ収入、18.6%増-中国人観光客が増加

米ラスベガス地域の約7倍のカジノ 収入を上げ、世界最大のギャンブル拠点となったマカオの2013年のカジ ノ収入は前年比18.6%増となり、2位以下との差をさらに広げた。

マカオのカジノ監察協調局の統計によると、公認カジノ6事業者 の13年のカジノ収入は計3607億5000万パタカ(約4兆7560億円)と、ブ ルームバーグ・ニュースが集計したアナリスト5人の予想平均(18% 増)を上回った。

サンズ・チャイナやギャラクシー・エンターテインメント・グルー プなどのカジノ運営業者はホテル客室やショッピングモール、娯楽ショ ーなどを拡充、マカオ来訪客の60%超を占める中国人観光客を集めてい る。ブルームバーグ・インダストリーズによると、新たなリゾート施設 開業が予定されていないことから、14年の収入の伸びは鈍化すると予想 されている。

ユニオン・ギャンブリング・グループのアナリスト、グラント・ガ バーセン氏は2日の電話インタビューで、「14年も力強い年になるだろ う。ただ、伸びは10%台半ばにとどまる可能性がある」との見通しを示 した。

ブルームバーグ・インダストリーズのデータでは、昨年1-11月の 中国人観光客は1700万人以上に膨れ上がり、このうち11月に156万人 と、同月としては少なくとも6年ぶりの高水準となった。

原題:Macau 2013 Casino Revenue Growth Accelerates on Chinese Visitors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE