米グーグル会長:SNS台頭を見逃したことが最大の過ち

検索エンジン最大手の米グーグルの エリック・シュミット会長は、ソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)の台頭を見逃したことが、同会長が犯した最大の過ちだとの 認識を示した。

シュミット氏は昨年12月30日のブルームバーグテレビジョンとのイ ンタビューで、「会社を守るため多くのことに取り組んで忙しかった が、この分野にも進出すべきだった。私の責任だ」と語った。

シュミット氏は2001年から会長に就く11年まで最高経営責任者 (CEO)を務めていた。グーグルは当初、04年に始まったフェイスブ ックにほとんど注意を払わなかったが、フェイスブックはその後世界最 大のSNSとなった。フェイスブックとグーグルはオンラインやモバイ ルの広告収入獲得を競っている。

原題:Google Chairman Says Biggest Mistake Was Missing Social Networks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE