NY外為:ユーロが対ドルで下落、欧米間の金融政策の違いで

2日のニューヨーク外国為替市場で はユーロが対ドルで下落。欧米間の金融政策には相違があり、2013年に 大きく上昇したユーロはしばらく上げ一服になるとの見方が広がった。

円は対ドルで上昇。一時は2008年以来の安値に下げた。日本銀行の 黒田東彦総裁が読売新聞のインタビューに対し、2%のインフレが安定 的に持続するまで今の政策を続ける意向を示したことが手掛かり。ユー ロは主要通貨の大半に対して下落した。ラトビアは1日、欧州単一通貨 ユーロを導入した。これによりユーロ圏は18カ国体制となった。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の 調査責任者ダン・ドロー氏はユーロの下落について、「昨年からの巻き 戻しによるところが多い」と述べ、「約1週間前に動いた利回り格差に つられた下げだ。これが根本的な材料になっている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.7%下落して 1ユーロ=1.3672ドル。一時は12月20日以来の安値となる1.3630ドルを つけた。ドルは対円で0.4%下げて1ドル=104円81銭。08年10月以来の 高値となる105円44銭をつける場面もあった。円は対ユーロで1.1%上昇 して1ユーロ=143円29銭。

最も上げたユーロ

主要16通貨の中で昨年の対ドルの上昇率が最も高かったのはユーロ とデンマーク・クローネでいずれも4.2%の値上がりだった。一方、円 は18%下落、南アフリカ・ランドは19%と最も下げた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は12月17-18日に開催した定例 会合後に声明を発表し、債券購入額を毎月850億ドルから750億ドルに縮 小する方針を示した。ブルームバーグ・ニュースが先月19日に実施した アナリスト調査の中央値によれば、米当局は今後7回のFOMCで毎 回100億ドルの縮小を決定し、2014年12月に終了する見通し。

米金融当局が緩和策縮小に向かっているのに対して、欧州中央銀行 (ECB)は11月、政策金利を過去最低の0.25%に引き下げた。

クレディ・アグリコルのマクロストラテジスト、マーク・マコーミ ック氏(ニューヨーク在勤)は「欧州のエコノミストはECBの措置を まだ予想している」と述べ、「これこそ対ドルでのユーロが下落する要 因だ。少なくとも今年上半期を通して1ユーロ=1.32ドルまで下落する だろう」と指摘した。

ラトビアのユーロ導入

ラトビアのユーロ導入をめぐり、世論調査では国民の過半数はユー ロ導入に反対するとともに、物価上昇につながると予想している。旧共 産圏諸国でユーロを導入したのは、スロバキア、スロベニア、エストニ アに次いで4カ国目。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は33万9000件と、2000件減少した。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト予想の中央値は34万4000件だった。

昨年12月の米製造業活動は、ここ2年余りで2番目に速いペースで 拡大した。米供給管理協会(ISM)の発表によると、製造業総合景況 指数は57と、2011年4月以来の高水準だった前月の57.3から低下した。 同指数で50は活動の拡大と縮小の境目を示す。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇の1024.78。昨年 は3.5%上昇した。

円は昨年、対ドルで1979年以来最も下げた。日銀の大規模な緩和策 が影響した。読売新聞が黒田総裁のインタビューの内容を1日付朝刊で 伝えたところによると、同総裁は2年たったら終わりにするとか減額す るとかではないと述べ、2年は私どもの意図であり、心づもりだと続け た。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると円は過去1年間で15%下落。ユーロは9.1%上昇、ドルは3.6%上 げた。

原題:Euro Falls Versus Dollar on Bets Rally Is Overdone; Real Drops(抜粋)

--取材協力:Kristine Aquino、David Goodman、Cordell Eddings. Editors: Kenneth Pringle, Dave Liedtka

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE