富豪のシェルドン・アデルソン氏は 米遺産税に対する不満を隠さない。「同じ金に何度課税すれば気が済む んだ」と問い掛けた。

米カジノ会社ラスベガス・サンズの会長兼最高経営責任者 (CEO)のアデルソン氏(80)は10月に、ニューヨーク証券取引所で 取引開始を告げる鐘を鳴らした後、ウォール街で語った。ラスベガス・ サンズ株はその後に5年ぶり高値を付け、同氏の資産は300億ドル(約 3兆900億円)を超えている。

その株を30余りの信託に出し入れすることで、同氏は2010年以降に 少なくとも79億ドルを相続人に移し、贈与税で約28億ドルの支払いを節 約した。同氏の米証券取引委員会(SEC)への届け出に基づく計算が 示した。

同じ手を、企業経営者など何百人もが使っていることはSECへの 届け出資料が示しており、連邦税逃れの規模は2000年以降で1000億ドル 以上に上るかもしれないと、節税の手法を最初に編み出した弁護士のリ チャード・コビー氏は語る。この額は、同期間に米政府が徴収した遺産 税および贈与税の総額の3分の1程度に当たる。

「Walton grantor retained annuity trust(GRAT)」と呼ば れるこの方法を使って富裕層が遺産・贈与税を逃れるのは極めて容易 で、コビー氏ですら「健全なシステムのためにはこれを続けていてはい けない」と言う。南カリフォルニア大学法科大学院のエドワード・マカ フェリー教授によれば、ほかにもよく使われる方法があり、遺産税は貧 富の差の拡大に歯止めをかける役割を果たしていない。

SECの資料によると、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ CEOやゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイ ンCEOがGRATを設定している。JPモルガン・チェースのプライ ベートウェルス部門のバンカー、ジョアンヌ・E・ジョンソン氏によれ ば、同行はGRAT関連の顧客が多いため、その事務手続きのための特 別部門を設けている。ゴールドマンの2004年の届け出によると、同社の 現・元パートナー84人がGRATを利用していた。

米国では1916年に遺産税、24年に贈与税が法制化された。どちらも 税率は現在40%で、525万ドルを超える財産が課税対象となる。1984年 にコビー弁護士が「grantor retained income trust(GRIT)」と いう方法を編み出すと、議会はこれを税逃れだとして90年にGRATを 創設した。しかし「悪用を防ぐための変更が、事態をさらに悪化させ た」とコビー氏は述べている。

原題:Accidental Tax Break Saves Wealthiest Americans $100 Billion(抜粋)

--取材協力:Beth Jinks、Margaret Collins、Richard Rubin、Michael Novatkoski. Editors: Dan Golden, Jonathan Neumann

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE