中国一の富豪が交代-百度の李彦宏氏が万達集団の王氏抜く

中国の検索サイト最大手、百度(バ イドゥ)を創業した李彦宏(ロビン・リー)氏が4日、中国一の富豪と なった。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、李氏の個人資産が 大連万達集団の創業者である王健林氏を6360万ドル(約65億円)上回っ た。

李氏は14日前に世界2位の経済大国、中国で2位の富豪に浮上した ばかり。百度の株価上昇で、李氏の純資産は年初来で48億ドル(65%) 膨らみ122億3145万1760ドルとなった。王氏の純資産は29億ドル増え121 億6786万6855ドル。

王氏はただ、2012年に26億ドルで買収した米映画館チェーン、 AMCエンターテインメント・ホールディングスの持ち株売却で首位に 返り咲く可能性がある。AMCは今週、最大3億6800万ドル規模の新規 株式公開(IPO)を計画していると発表した。王氏の大連万達集団は 非上場。

インターネット・コンサルティング・グループ、アイリサーチのア ナリスト、ルーシー・チャン氏によれば、スマートフォン(多機能携帯 電話)とタブレット型端末の急速な普及に加え、デスクトップパソコン の検索市場における百度の優位性を背景に、同社の株価はここ半年間 で69%上昇した。同氏は電話インタビューで、「百度のモバイル絡みの 開発は市場を驚かせた。同社の検索アプリの利用量は急速に伸びてい る」と語った。

原題:Tech Guru Li Passes Property Tycoon Wang as China’s Richest Man(抜粋)

--Michael Wei、Lulu Yilun Chen, 取材協力:Bonnie Cao. Editors: Patrick Chu, Peter Newcomb

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE