コンテンツにスキップする

米航空会社に米政府が事前通告を勧告、中国の防空識別圏

米国務省は米国の航空会社に対し、 中国が東シナ海に設定した防空識別圏の通過について中国当局に事前通 告すべきだと指摘した。ただ米軍は事前通告せずに日常の飛行を実施し ている。

国務省は29日遅くに発表した声明で、米航空会社は防空識別圏の飛 行について中国側の要求に応じるべきだが、こうした勧告は中国による 防空識別圏設定を米政府が認めることではないと釘を刺した。

同省は「上空通過の自由や他の国際法上合法的な領海・領空の利用 は、繁栄と安定、安全保障の実現に不可欠だ」とし、防空識別圏に関す る中国の主張をめぐる米国側の懸念をあらためて示した。

航空会社への勧告の数時間前に米国防総省当局者は、防空識別圏で 中国当局への事前通告せずに米軍は日常の飛行を展開していることを明 らかにしていた。

原題:U.S. Carriers Told by State to Heed China’s Air-Defense Zone (1)(抜粋)

--取材協力:Patrick Chu. Editors: Terry Atlas, Robin Meszoly

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE