コンテンツにスキップする

欧州株(29日):ほぼ変わらず、月間ベースでは3カ月続伸

29日の欧州株式相場は前日からほぼ 変わらず。ユーロ圏失業率が過去最悪だった前月から低下したことが注 目された。指標のストックス欧州600指数は月間ベースでは3カ月続伸 となった。

フィンランドの小売り企業ケスコは8.8%の大幅高。イタリアの銀 行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は1.5%上昇。コスト削 減や増資を通じて黒字転換を目指す方針を示した。一方、建設機器リー スの英スピーディー・ハイヤーは2009年以降で最もきつい値下がり。

ストックス欧州600指数は325.16と、前日から0.1%未満下げて終 了。前月末比では0.9%上昇。年初来では16%上げている。世界の主要 な中央銀行が低金利政策を継続していることが背景にある。

ウンブリン(チューリヒ)のポートフォリオマネジャー、パトリッ ク・クレーエンビュール氏は、「米国の感謝祭の祝日と短縮取引のため 取引高は小さく、来週まで大きな動きはない」とし、「センチメントは 引き続き非常にポジティブだ。投資家らは経済データに注視しており、 年末に向けて上昇するとの見方が強い」と語った。

ブルームバーグがまとめたデータによると、この日の出来高は30日 平均を14%下回った。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)の発表によると、10月 のユーロ圏失業率は12.1%と、ユーロ導入以後の最悪だった9月 の12.2%から低下した。エコノミストの予想中央値は12.2%。

29日の西欧市場では、18カ国中10カ国で主要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Little Changed, Completing Third Monthly Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE