コンテンツにスキップする

10月英住宅ローン承認件数、6年ぶり高水準-企業向け融資減少

英国の10月の住宅ローン承認件数は 前月から増加し、約6年ぶり高水準に達した。この一方で、企業向け融 資は減少し、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁が指摘す る不均衡が浮き彫りとなった。

英中銀の29日発表によると、10月の住宅ローン承認件数は6万7701 件と、前月の6万6891件(改定)から増え、2008年2月以降で最多とな った。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト23人の予想中 央値は6万8500件だった。一方、企業向け融資は11億ポンド(約1840億 円)減少した。

英中銀は28日公表の金融安定報告書で、「融資のための資金調達ス キーム(FLS)」の適用対象を2014年から企業向け融資のみとし、住 宅ローン向けを外す方針を示した。企業が銀行から融資を得られやすく する一方で、金融安定が住宅値上がりによって脅かされる事態を事前に 食い止める狙いがある。

この日の発表によると、10月の住宅ローン総額は前月比12億ポンド 増加、消費者信用は4億5700万ポンド増えた。これに対し、企業向け融 資は前年同月比3.3%減。中小企業向けは5億500万ポンド減と、前年同 月比ベースで3.1%縮小した。

原題:U.K. Mortgage Approvals Rise as Lending to Companies Falls (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE