コンテンツにスキップする

欧州債:スペイン国債は上昇-S&Pが格付け見通し引き上げ

29日の欧州債市場ではスペイン国債 が上昇し、10年債利回りは2週間ぶりの大幅低下となった。景気回復の 兆候を背景に、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) が同国の格付け見通しを引き上げた。

S&Pはスペインの格付けを「BBB-」で据え置いた。格付け見 通しは「ステーブル(安定的)」と、従来の「ネガティブ(弱含み)」 から変更。イタリア10年債利回りは一時、5月以来の低水準となった。 ドイツ国債は前日からほぼ変わらず。この日発表されたユーロ圏の経済 指標で、11月のインフレ率がエコノミスト予想を上回って加速したほ か、10月の失業率は予想に反して低下した。S&Pはオランダの格付け を最上級から1段階引き下げたものの、同国債はほぼ変わらず。

DZ銀行(フランクフルト)の調査アナリスト、フェリックス・ヘ ルマン氏は「スペイン債の相場上昇は続くと楽観している」と述べ、 「マクロ経済の数値は改善し、構造改革でも政府は前進している」と付 け加えた。

ロンドン時間午後4時34分現在、スペイン10年債利回りは前日比3 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.12%。これは14日 以来の大きな下げ。同国債(表面利率4.4%、2023年10月償還)価格 は0.285上げ102.265。前月末比では9bp上昇した。

ドイツ10年債利回りは1.69%。イタリア10年債利回りもほぼ変わら ずの4.05%。5月28日以来の低水準となる4.03%まで下げる場面もあっ た。オランダ10年債利回りは2.03%。

原題:Spain’s Bonds Advance Amid Recovery Signs as S&P Raises Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE