コンテンツにスキップする

NY外為(29日):ユーロが対円3カ月続伸、CPI上昇で

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロが円に対して月間ベースで3カ月続伸。この日発表されたユーロ圏 の11月の消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回る伸びとなり、欧 州中央銀行(ECB)が追加の刺激策を見送るとの見方が強まってい る。

ドルは月間では8月以降で初の上昇。来週発表の11月の米雇用統計 では、雇用者数の増加が続くと見込まれている。カナダ・ドルは中銀の 政策決定会合を控えて下落。円はドルに対し、月間ベースで4カ月続 落。日本の10月のCPIは上昇した。円は対ユーロで月間ベースでは4 月以降で最大の下げとなる。ユーロ圏の11月のインフレ率は、4年ぶり 低水準だった10月から上昇した。

ナショナル・オーストラリア銀行の通貨ストラテジスト、ギャビ ン・フレンド氏(ロンドン在勤)はユーロ圏について、「10月のCPI では伸びが前月を大きく下回り、デフレ懸念が広がった。だがきょう発 表された11月のCPIは、状況がそう一本調子ではないことをあらため て示している」と指摘。「経常黒字など他の要素もある。単に『ECB は追加緩和を迫られるからユーロは下落するだろう』というような見方 よりも複雑だ」と続けた。

ニューヨーク時間午後3時49分現在、ユーロは円に対し前日比ほぼ 変わらずの1ユーロ=139円13銭。月間では3.9%高。ユーロは対ドルで は前日比0.1%安の1ユーロ=1.3590ドル。月間ではほぼ変わらず。円 はこの日ドルに対しほぼ変わらずの1ドル=102円37銭。月間では4% 下落。

カナダ・ドル

主要10通貨に対するドル相場を反映するブルームバーグ米ドル指数 は今月、0.9%上げている。

カナダ・ドルは米ドルに対し約2年ぶり安値に下落。市場ではカナ ダ中銀の緩和縮小ペースについて、米金融当局よりもゆっくりしたもの になるとの見方が広がっている。カナダ中銀は12月4日に金融政策決定 会合を開催する。この日発表されたカナダの7-9月(第3四半期)国 内総生産(GDP)は年率換算2.7%増と、市場予想を上回る伸びとな った。これに反応しカナダ・ドルは一時上昇する場面もあった

ポンドはドルに対し、約2年ぶり高値に上昇。10月の英住宅ローン 承認件数が増加し、景気回復の勢いが増している兆候が増えた。

ポンド

コメルツ銀行のシニア通貨ストラテジスト、ピーター・キンセラ氏 (ロンドン在勤)は「英国の経済成長はなかなか好調で、ユーロ圏諸国 や米国と比べて明らかに良い。この意味でもちろん、状況はポンド相場 にとって少し明るく見える」と指摘。「年末に向けてポンドは強含むだ ろう」と予想した。

ポンドは0.2%高の1ポンド=1.6369ドル。一時0.3%高の1.6384ド ルと、2011年8月以来の高値を付けた。今月は1.7%高。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が29日発表した11月の ユーロ圏消費者物価指数(速報値)は前年同月比0.9%上昇。インフレ 率は、10月は0.7%だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト44人の予想中央値は0.8%。

円は主要16通貨の大半に対して月間ベースで値下がり。総務省が発 表した全国消費者物価指数(生鮮食品を除いたコアCPI)は前年同月 比0.9%上昇した。

原題:Euro Heads for Third Monthly Gain on Inflation Jump; Real Drops(抜粋)

--取材協力:小宮弘子、Kevin Buckland、Mariko Ishikawa. Editors: Greg Storey, Paul Cox

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE