コンテンツにスキップする

カンポフリオ株上昇-中国企業が対抗買収案検討との報道で

スペインの食肉加工会社カンポフリ オ・フード・グループ株が28日のマドリード市場で上昇した。同社はメ キシコの食品会社シグマ・アリメントスから買収提案を受けているが、 中国の食肉加工会社、双匯国際が対抗案を検討しているとの報道が手掛 かり。

スペイン紙ムンドは事情に詳しい複数の関係者を引用し、双匯が買 収提案を検討していると報じた。関係者の氏名は明らかにしていない。 双匯は27日、買収も含めて事業拡充を目指し、中国銀行との間で80億ド ル(約8200億円)の拘束力のない資金調達合意を結んだことを明らかに している。ブルームバーグのデータによると、双匯は現在カンポフリオ の株式約37%を保有。双匯はカンポフリオの株式保有についてコメント を避けた。

メキシコの複合企業アルファ傘下のシグマは今月14日、6億7500万 ユーロ(約940億円、1株当たり6.80ユーロ)での経営権取得提案を発 表。アルファの広報担当者によると、シグマは既にカンポフリオ株45% を取得している。

カンポフリオ株は2.8%高の7.40ユーロで終了。シグマが買収提案 する前日の13日の終値は6.15ユーロだった。

原題:Campofrio Rises on Report Shuanghui Is Considering Rival Bid (1)(抜粋)

--取材協力:Greg Ahlstrand. Editors: Kim McLaughlin, Carlos Manuel Rodriguez

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE