コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:3カ月連続で下落か-OPEC供給増

ニューヨーク原油先物相場は29日の 時間外取引で小動き。月間ベースでは3カ月連続の下落になりそうだ。

27日の通常取引は1.5%下落。下落率は過去2週間で最大。米エネ ルギー情報局(EIA)のデータによると、米国の原油生産は過去25年 間で最高水準に達した一方、在庫は6月以来の高水準に増えた。オイ ル・ムーブメンツによると、石油輸出国機構(OPEC)の輸出は12月 半ばまでに3%増える見通し。定期点検を終えた製油所が再稼働するた め。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2014年1月限は シンガポール時間午前8時2分(日本時間同9時2分)現在、3セント 安の1バレル当たり92.27ドルで推移している。今月の下落率は4.3%。 前日の通常取引は感謝祭の祝日で休場。

原題:WTI Heads for Third Monthly Loss as U.S., OPEC Supplies Increase(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE