コンテンツにスキップする

英たばこ株下落、政府がたばこ包装の無地統一を検討へ

英政府がたばこ包装の無地統一につ いて前向きの姿勢に転じ、海外での同規制の効果を調査すると表明した ことを受け、28日の英株式市場でたばこメーカーのインペリアル・タバ コ・グループとブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の株価 が一時下落した。

一時インペリアル・タバコは3.2%安、BATは1.7%安。英政府は 今年7月にたばこ包装の無地統一を見送ったが、そのわずか4カ月後の この日、保健省のエリソン政務次官がこの問題を検討する方針を示し た。

同政務次官はBBCラジオ4とのインタビューで、「われわれはこ れを検討する時が来たとみている」と発言。「政府は7月の発表で、今 後の兆候を検討すると述べていた」と説明した。

たばこ包装の無地統一は最初にオーストラリアで昨年12月に導入さ れた。

原題:U.K. Tobacco Stocks Slide on Government Plain Packaging Review(抜粋)

--取材協力:Robert Hutton. Editors: Paul Jarvis, Kim McLaughlin

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE