コンテンツにスキップする

中国空軍、防空圏に戦闘機や警戒機飛ばす-自衛隊機の飛行後

中国政府は自国の防空識別圏への侵 入にどの程度強く対応するかについて矛盾するシグナルを送っている。 中国が設定した同圏内では、日本の自衛隊機が通告なしに飛行した後、 中国空軍も複数の戦闘機と早期警戒機1機を飛ばした。

国営の新華社通信によると、28日の中国空軍機の出動について同軍 の申進科報道官は通常の哨戒活動だったと説明。菅義偉官房長官は同 日、自衛隊機が従来通りの警戒監視活動で同圏内を飛行したと述べた。 これに先立ち、中国外務省の秦剛報道官は同圏内を通過する民間航空機 について、航空会社が規則に従ってくれると期待すると述べ、同圏の設 定を発表した23日と比べ、トーンを緩めている。

テンプル大学(東京)のアジア研究責任者ジェフ・キングストン氏 は中国による防空識別圏の設定には「特に戦略的利益がなく、状況の深 刻化を招く無責任な行動だ」と指摘。「だれが仕切っているのか、こう した行動がなぜ中国の利益になると考えているのか分からない。具体的 な見返りは全く見当たらない」と述べた。

原題:China’s Neighbors Test Air Zone Amid Conflicting Signals (2)(抜粋)

--取材協力:Regina Tan、Sam Kim、David Lerman、Isabel Reynolds. Editors: Nicholas Wadhams, Sunil Jagtiani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE