コンテンツにスキップする

ペトロチャイナ、エクソンモービルからイラク資産取得で合意

中国最大の石油・天然ガス生産会 社、ペトロチャイナ(中国石油)は米石油会社エクソンモービルから、 イラクの「西クルナ1」油田の権益25%を取得することで合意した。

エクソンは現在、同油田の採掘権の60%を保有している。ペトロチ ャイナは発表資料で、権益取得により「イラクで進めている他のプロジ ェクトとの相乗効果が生まれる」と説明した。権益の取得額は公表しな かった。イラク石油省報道官のアセム・ジハド氏は電話取材に対し、エ クソンが保有権益のうち、さらに10%をインドネシアの国有石油会社ペ ルタミナに売却することを明らかにした。

UOBケイ・ヒアンのアナリスト、石燕氏は「ペトロチャイナは比 較的低コストで成熟した油田を開発する専門技術を有している」と指 摘。「イラク南部で複数のプロジェクトを手掛けており、機器と人員を 効率的に融通できるだろう」と述べた。

エクソンの広報担当デービッド・エグリントン(ヒューストン在 勤)に通常の営業時間外に電子メールでコメントを求めたが、今のとこ ろ返答はない。

原題:PetroChina to Buy 25% Stake in Exxon’s West Qurna 1 Field (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE