コンテンツにスキップする

豪政府:米ADMによるグレインコープ買収を拒否

オーストラリア政府は29日、国益に 合致しないとして、米穀物会社アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド (ADM)による22億豪ドル(約2040億円)での豪同業グレインコープ 買収計画を拒否すると発表した。

ホッケー豪財務相は外国投資審査委員会(FIRB)の審査後に、 「ADMによるグレインコープ買収は国益に反すると判断せざるを得 ず、この提案を拒否するに至った」とし、「利用可能なあらゆる情報に 基づき、この決定を下した」と説明した。シドニーで記者団に語った。

ADMのパトリシア・ウォーツ会長兼最高経営責任者(CEO)は 発表資料で、同社は財務相の判断に「失望」しており、買収案拒否を受 け「資本配分」を見直していくと述べた。

ADMによるグレインコープ買収計画は豪農業団体の反発を招いた ばかりか、アボット首相率いる連立政権内にも緊張を生んでいた。法律 事務所キング・アンド・ウッド・マレソンズによると、外国投資審査で 米企業による豪資産購入が拒否されたのは初めて。

グレインコープの広報担当アンガス・トリッグ氏に取材を試み、同 氏の携帯電話にメッセージを残したがこれまでに返答はない。

原題:Australia Rejects U.S.-Based ADM Takeover of GrainCorp (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE