コンテンツにスキップする

ロンドン金:3日ぶり上昇、ドル下落で-米通常取引は休場

ロンドン金相場は3営業日ぶりに上 昇。ドル下落で代替投資としての金の需要が高まった。

主要10通貨に対するドル相場を反映するブルームバーグ米ドル指数 は一時0.2%安となった。

VTBキャピタルのアナリスト、アンドレイ・クリュチェンコフ氏 (ロンドン在勤)は「金は主にドル安によって支えられている。米国が 祝日のため取引はかなり薄く範囲も狭い」と述べた。

ロンドン時間午後4時55分現在、金現物は前日比0.5%高の1オン ス=1244.37ドル。一時は0.3%安となる場面もあった。ニューヨーク商 業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2月限は電子取引 で0.5%高の1243.90ドル。通常取引は感謝祭の祝日で休場。

原題:Gold Gains in London Trading on Weaker Dollar, Physical Demand(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Glenys Sim. Editors: Sharon Lindores, John Deane

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE