コンテンツにスキップする

英中銀:住宅向け融資促進策を終了へ-金融安定へのリスク防止

イングランド銀行(英中央銀行) は、与信拡大プログラムの下で銀行の住宅融資を促進させる措置を終了 し、同プログラムから恩恵を受ける対象を再び企業に集中させる方針を 示した。金融安定が住宅市況によって脅かされる事態を事前に食い止め る狙いがある。

英中銀は28日公表の金融安定報告書で、「融資のための資金調達ス キーム(FLS)」の適用対象は2014年から企業向け融資のみとなり、 住宅ローン向けは外れると説明。また、FLSの下で銀行が実施した住 宅融資に対しては自己資本の確保を免除してきた措置も終了すると明ら かにした。

カーニー総裁は発表資料で、「FLSの焦点を最も必要とされる分 野に再び絞る」とし、「もはや必要でなくなった家計向け融資にこれ以 上の大幅支援を与えることなく、中小企業向け与信を支える」として、 今回の変更の意図を説明した。

FLSは12年6月に導入。比較的低いコストで銀行が資金調達でき るようにし、銀行融資の促進を図るプログラムとなっている。

原題:Carney Ends FLS Mortgage Incentives as U.K. Housing Strengthens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE