コンテンツにスキップする

インドネシア通貨が1ドル=12000ルピア台に下落、起債未達で

インドネシア・ルピアが28日、2009 年以来で初めて1ドル=1万2000ルピア台に下落した。25日に実施した ドル建て起債で調達額が目標を大きく下回ったことなどで、インドネシ アへの資金流入が細っているとの懸念が強まっている。

国内銀行のデータによれば、ルピアは一時1ドル=1万2028ルピア と09年3月以来の安値となった。ジャカルタ時間午後2時32分現在は前 日比0.9%安の1万1993ルピア。

初の国内ドル建て債での調達額は1億9000万ドル。目標は4億5000 万ドルだった。

原題:Rupiah Weakens Beyond 12,000 a Dollar for First Time Since 2009(抜粋)

--取材協力:Novrida Manurung. Editors: Andrew Janes, Anil Varma

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE