コンテンツにスキップする

スペイン、7-9月GDPは0.1%増-家計支出が増加

スペインでは7-9月(第3四半 期)に、家計支出が6四半期ぶりに増加し、約2年にわたるリセッショ ン(景気後退)からの脱却に寄与した。

国家統計局の28日の発表によると、第3四半期の国内総生産( GDP、改定値)は前期比0.1%増と、10月30日発表の速報値に一致し た。前年同期比は1.1%減。

家計支出は前期比0.4%増。4-6月は同0.1%減だった。輸出は前 期比2.2%増で前四半期の6.4%増から減速した。

原題:Spain Household Spending Snaps Declines Amid Economic Recovery(抜粋)

--取材協力:Harumi Ichikura、Emma Ross-Thomas. Editors: Ben Sills, Zoe Schneeweiss

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE