コンテンツにスキップする

中国株(終了):上海総合指数が1カ月ぶり高値、炭鉱株高い

中国株式相場は上昇。上海総合指数 は約1カ月ぶりの高値となった。中国最大のセメントメーカー、安徽海 螺水泥が素材株の上げを主導した。中国政府は石炭供給の削減策を示し た。

炭鉱株のうち中国神華能源(601088 CH)が1.6%高、エン州煤業 (600188 CH)は3%高。中国国家発展改革委員会(発改委)などが税 負担軽減や輸入規制強化を行う方針を示した。上海の乳製品メーカー、 光明乳業(600597 CH)は親会社の会長交代が好感されて6.5%高。安徽 海螺水泥(600585 CH)は6.3%高と半年ぶり高値。BNPパリバが政府 の改革で恩恵を受けるトップ銘柄だと指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比18.30ポイント(0.8%)高の2219.37 と、10月21日以来の高値で引けた。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は1%高の2439.53。

中国国家統計局が28日発表した10月の工業利益が15.1%増だったこ とについてJPモルガン・チェースは、「堅実な成長ペースを維持し た」とコメント。正徳人寿保険の呉侃マネーマネジャーは、「有望な改 革進展と安定した経済環境が、投資家の買いにつながった」と指摘し た。

原題:China’s Stocks Rise to One-Month High as Coal Producers Advance(抜粋)

--Zhang Shidong, 取材協力:Matthew Kanterman、Kana Nishizawa. Editors: Allen Wan, Phani Varahabhotla

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE