コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ドルが102円台-米経済堅調の兆しでドル買い

ロンドン時間28日午前の外国為替市 場でドルは堅調。米経済の堅調を示す指標がドル買いを促し、アジア時 間には円に対して半年ぶり高値を付けた。

ユーロも一時、対円で2009年6月以来の高値となったものの、テク ニカルな指標が上げ過ぎを示唆し、前日からほぼ変わらずで推移してい る。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの債券・通貨ストラテジスト、マ イケル・ターナー氏(シドニー在勤)は、「米国からの一連の強いデー タが国債利回りを通じてドルの強材料になるだろう」と指摘、それに対 して日本国債の利回りは「ここ4、5カ月ほぼ一貫して低下している」 と述べた。

ロンドン時間午前6時42分現在、ドルは対円で前日からほぼ変わら ずの1ドル=102円13銭。アジア時間には一時5月29日以来の高値の102 円28銭を付けた。対ユーロは1ユーロ=1.3583ドル(前日は1.3579ド ル)。ユーロは対円で変わらずの1ユーロ=138円73銭。一時は2009年 6月以来の高値の138円84銭となった。

ユーロの対円の相対力指数(期間14日)は71。同指数は70を上回る と上げ過ぎを示唆する。

原題:Dollar Reaches Six-Month High as Improving Economy Boosts Allure(抜粋)

--取材協力:. Editors: Garfield Reynolds, Naoto Hosoda

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE