コンテンツにスキップする

13年度の貿易赤字は過去最大12兆円に、円安でも輸出伸び悩み-貿易会

商社の業界団体である日本貿易会 (槍田松瑩会長)は28日、2013年度の日本の輸出から輸入を差し引いた 貿易収支(通関ベース)が12兆990億円の赤字になるとの見通しを発表 した。12年度の8兆1763億円の赤字を大きく上回り、過去最大の赤字幅 を見込む。

輸出額は前年度比9.8%増の70兆1800億円。輸入額は同14%増の82 兆2790億円。大幅に円安が進んだにも関わらず、下期の輸出数量が小幅 の増加にとどまると予測。背景には、1)製造業の海外生産シフトの継 続、2)国内需要の回復に伴う輸出余力の低下、3)海外生産拠点での 現地調達の進展--があると指摘した。

調査を取りまとめた貿易動向調査委員会委員長の武田淳氏(伊藤忠 経済研究所主任研究員)は「日本の輸出構造が大きく変化した」ことを 示す内容だと説明した。

14年度の貿易赤字額は10兆7080億円への縮小にとどまり、高水準の 赤字幅が続くと予測。為替相場の前提は1ドル=104円。13年度の同100 円から円安傾向が続き、海外景気の持ち直しもあって輸出数量の伸びは 高まるが、原油や液化天然ガス(LNG)などの輸入価格上昇が響く。

経常収支は13年度が前年度に比べて7160億円増の5兆690億円の黒 字を見込み、14年度は7兆5820億円の黒字と予測。特許等使用料受け取 り増などでサービス収支の赤字が縮小し、対外資産の増加や円安で所得 収支の黒字幅が拡大する。武田氏は「貿易赤字体質が確認されたが、小 幅な経常黒字は確保できる体質だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE