コンテンツにスキップする

アジア株:上昇、米失業保険申請件数や消費者マインド指数好感

28日のアジア株式相場は上昇。先週 の米新規失業保険申請件数が2カ月ぶりの低水準となり、トムソン・ロ イター/ミシガン大学消費者マインド指数も上昇したことで、米景気の 先行きに市場は楽観的になった。

オーストラリアの乳製品メーカー、ワーナンブール・チーズ・アン ド・バター・ファクトリーは0.8%高。同国最大の乳製品会社マリー・ ゴールバーンが買収条件を引き上げた。香港のキャセイ航空は1.9% 高。UBSによる株価見通し引き上げが好感された。来年損失を計上す る見通しを発表した鉱業サービス会社の豪フォージ・グループは84% 安。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時6分(日本時間同3 時6分)現在、前日比0.8%高の142.16。指数を構成する10業種全てが 上げている。円相場が一時約半年ぶりの安値を付け、日経平均株価は約 6年ぶりの高値で取引を終了した。

原題:Asian Stocks Rise on U.S. Economic Growth Optimism; Nikkei Soars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE