コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(11月28日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧 下さい。

●日経平均が約6年ぶり高値、米統計改善と円安で-海運上昇トップ

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京株式相場は3日ぶりに反発。日経平均株価は終値で2007年12月 以来、約6年ぶりの高値を奪回した。米国経済統計の改善や1ドル =102円台に入った為替の円安を好感し、電機や輸送用機器、機械など 輸出関連を中心に鉄鋼、情報・通信など幅広く買われた。運賃市況高を 受けた海運は、業種別上昇率でトップ。

TOPIXの終値は前日比13.96ポイント(1.1%)高の1261.04、 日経平均株価は277円49銭(1.8%)高の1万5727円12銭。

T&Dアセットマネジメントの山中清執行役員は、「日米欧の金融 緩和で来年の先進国経済は米国中心に改善していく。金融政策の方向性 から、円安は進みやすい」と指摘。為替が日本企業の競争力回復に効い てくれば、「海外勢はさらに日本株を買ってくるだろう」とみている。

東証1部33業種は海運、パルプ・紙、その他金融、精密機器、鉄 鋼、機械、情報・通信、金属製品、非鉄金属、電機など31業種が上昇。 鉱業と石油・石炭製品の2業種は下げた。

売買代金上位では日立製作所、パナソニック、ファーストリテイリ ング、富士重工業、KDDI、オリックス、デンソーなどが上昇。一 方、コマツや任天堂、大成建設、アルプス電気は安い。

東証1部の売買高は概算で22億7616万株、売買代金は1兆9676億 円。値上がり銘柄数は998、値下がりは625。

●債券は続伸、2年入札順調で中期ゾーン中心に買い-株高や円安重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

債券相場は小幅続伸。きょう実施の2年債入札が順調となったこと を受けて中期債を中心に買いが優勢となり、2年と5年債利回りは7カ 月半ぶりの低水準を付けた。半面、国内株高や円安基調が相場の重しと なった。

東京先物市場で中心限月の12月物は前日比8銭安の145円00銭で開 始し、直後に144円97銭まで下落した。その後は水準を切り上げ、午後 に入ると145円17銭と8日以来の高値を付けた。取引終了にかけて急速 に伸び悩んで、結局は1銭高の145円09銭で引けた。

マスミューチュアル生命保険運用戦略部の嶋村哲金利統括グループ 長は、2年債入札は良い結果だとした上で、「余剰資金の消化先で買っ ておく感じだ」と説明した。債券市場は「日銀の長期国債買い入れオペ もあって需給の良さが続く」とも言う。

財務省がこの日実施した表面利率0.1%の2年利付国債(335回 債、12月発行)の入札結果によると、最低落札価格は100円2銭5厘と 事前予想を5厘上回った。小さければ好調とされるテール(最低と平均 落札価格の差)は2厘と前回の5厘から縮小。投資家需要の強弱を示す 応札倍率は6.53倍と前回の7.96倍から低下した。

●ドル・円は102円前半、米景況感改善でリスク選好-半年ぶり円安値

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京外国為替市場でドル・円相場は1ドル=102円台前半で推移。 米国の景況感の改善や国内株価の上昇などを背景としたリスクオン(選 好)の流れで、ドル買い・円売り圧力が根強い状況が続いている。

午後3時25分現在のドル・円相場は102円09銭前後。朝方に一時102 円28銭と、5月29日以来のドル高・円安水準を付けた。その後はドルの 上値が重くなり、101円94銭まで水準を切り下げる場面もあった。

外為どっとコム総合研究所のジェルベズ久美子研究員は、「ドル・ 円は米経済指標で良い数字が目立ったことから、102円でストップロス (損切り)を巻き込んで一時102円28銭まで伸びた」と説明。「102円台 に乗せて景色が変わった感じ。5月に付けた直近高値の103円74銭を試 すのではないか。米国は感謝祭の祝日や雇用統計を控えて神経質ながら も、無難に通過すれば、連邦公開市場委員会(FOMC)待ちの状況に なるだろう。じりじりと円安が進むのではないか」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE