コンテンツにスキップする

香港株(終了):ハンセン指数が反落、公益株売られる

香港株式相場は下落。公益株が売ら れ、中国の不動産株の上昇を打ち消した。ハンセン指数は前日付けた1 月30日以来の高値から反落した。

公益株の下げの中心となった中国電力新能源発展(735 HK) は3.7%安。マレーシアの資産家一族が率いる香港の建設会社、嘉里建 設(ケリー・プロパティーズ、683 HK)は配当落ちに伴い9.8%安。住 宅価格が来年上昇するとの見通しをJPモルガン・チェースが示したの を受けて中国関連の不動産株は買われ、世茂房地産(813 HK)が3.9% 高。

ハンセン指数は前日比17.26ポイント(0.1%)安の23789.09。一時 は0.9%高まで買われ、2011年4月以来の高値圏となった。ハンセン中 国企業株(H株)指数は0.2%安の11385.29。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は、年初 来高値を一時更新したハンセン指数が引けにかけて下げに転じたのは 「妥当だ」と指摘。「香港の株式市場は依然、ポジティブな材料を欠い ている」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Retreat From 10-Month High as Utilities Drop (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE