コンテンツにスキップする

NY原油(28日):6カ月ぶり安値付近-米原油在庫増加で

ニューヨーク原油先物相場は28日、 約半年ぶり安値付近で推移しており、北海ブレント原油とウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)の価格差は3月以来最大とな った。米原油在庫の10週連続増加などが材料。

前日の通常取引は1.5%下落と、過去2週間で最大の下げだった。 米エネルギー情報局(EIA)が発表した先週の原油在庫は295万バレ ル増の3億9140万バレルと、6月以来の高水準となった。ブルームバー グの調査では75万バレル増と予想されていた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の電子取引で原油先物2014 年1月限はニューヨーク時間28日午後1時31分(日本時間29日午前3 時31分)現在、5セント安の1バレル当たり92.25ドル。前日の通常取 引は1.38ドル安の92.30ドルで引け、終値としては5月31日以来の安値 だった。全限月の取引高は100日平均を93%下回った。今月の下落率 は4.3%。米感謝祭の休日のため通常取引は行われなかった。

原題:WTI Crude Trades Near Six-Month Low as U.S. Stockpiles Increase(抜粋)

--取材協力:Lananh Nguyen、Ben Sharples. Editors: Raj Rajendran, Dan Stets

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE