コンテンツにスキップする

ワシントン・ポスト:本社ビルを約160億円で不動産会社に売却

米ワシントン・ポスト社はワシント ンのダウンタウンにある本社ビルを米不動産投資会社のカー・プロパテ ィーズに約1億5900万ドル(約160億円)で売却することで合意した。 同社は今週、社名をグラハム・ホールディングスに変更する。

27日のワシントン・ポスト社の発表資料によると、本社ビルの隣接 地も含めた売却は3月末に完了する。カー・プロパティーズはワシント ンを拠点とする株式非公開の不動産投資会社。

ワシントン・ポストは2月、業務効率化のために本社を移転する可 能性があるとしていた。ワシントン・ポスト紙は先月、アマゾン・ドッ ト・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)に買収された。

他のメディア企業にも保有不動産から利益を得ようとする動きが見 られる。ニューヨーク・タイムズ社は2009年、マンハッタンの本部ビル を2億2500万ドルで売却し、リースバック契約で同じオフィススペース を借りている。

原題:Washington Post Headquarters to Be Sold to Carr for $159 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE