コンテンツにスキップする

米ウェルズ・ファーゴ、LMEの会員資格取得を検討

投資銀行部門の構築を進めている米 銀ウェルズ・ファーゴは、顧客の取引をより多く清算できるようにする ためロンドン金属取引所(LME)の会員資格の取得を検討している。 計画を直接知る関係者2人が明らかにした。

ウェルズ・ファーゴが申請前であるとして関係者の1人が匿名を条 件に明らかにしたところによると、同行は「カテゴリー2」の会員資格 取得を目指している。立会場での取引が許可される「カテゴリー1」の 会員資格取得は目指さない可能性が高いという。LMEは世界最大の工 業用金属市場。

ウェルズ・ファーゴは今年に入って少なくとも1カ所の取引所に入 会。証券あるいはデリバティブ(金融派生商品)の取引の清算がより多 く可能になるよう他の取引所へも入会する可能性がある。米CMEグル ープが1月にウェルズ・ファーゴを会員に加え、同行は先物とオプショ ンの清算を手掛けることが可能になった。LMEの会員資格を取得すれ ば、銅やアルミニウムなどの金属の先物の売買注文を受けることができ るようになる。

ウェルズ・ファーゴの広報担当者、エリース・ウィルキンソン氏は コメントを控え、同行幹部へのインタビューの申し込みを断った。

原題:Wells Fargo Said to Consider LME Membership to Expand Clearing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE