コンテンツにスキップする

ECB副総裁:マイナス中銀預金金利は特殊な状況下の選択肢

欧州中央銀行(ECB)のコンスタ ンシオ副総裁は27日、ユーロ圏が特殊な状況に直面しない限りマイナス の中銀預金金利導入は正当化できないとの見解を示した。

コンスタンシオ副総裁はフランクフルトでのインタビューで、マイ ナスの預金金利について「われわれは決定に近づいているわけではな い」と述べ、「これほど広い地域を対象に前例のない全く新しい手段を 導入することになる。そのため決定は十分慎重に行う必要があり、かな り極端な状況に限られるだろう」と説明した。

副総裁はまた、「脆弱(ぜいじゃく)な経済情勢が引き続き主な懸 念材料だ。勢いを欠く成長はなお下振れリスクが残り、低インフレは低 い利幅につながる。いずれも銀行の収益率見通しに影響を及ぼす」と指 摘した。

原題:ECB’s Constancio Says Negative Deposit Rate Is Extreme Option(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE