コンテンツにスキップする

NY原油(27日):6カ月ぶり安値、米在庫の増加を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は4日続 落し、ほぼ6カ月ぶり安値。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計 で原油在庫と産油量の増加が明らかになった。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)のシニアマネ ジングディレクター、チップ・ホッジ氏は「産油量の拡大で原油在庫が 増えている。この傾向はしばらく続きそうだ」と指摘。「米国には大量 の原油があり、燃料として輸出するために精製する必要がある」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前日 比1.38ドル(1.47%)安の1バレル=92.30ドルで終了。終値としては 5月31日以来の安値。

原題:WTI Crude Tumbles to Six-Month Low on Surging U.S. Inventories(抜粋)

--取材協力:Lananh Nguyen. Editors: Dan Stets, Charlotte Porter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE