コンテンツにスキップする

NY金:3日続落、米消費者信頼感の上昇で緩和縮小を警戒

ニューヨーク金先物相場は3日続 落。米消費者信頼感の上昇を背景に、金融当局が緩和策を縮小するとの 見方が強まった。11月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マ インド指数(確定値)は前月比で上昇し、市場予想を上回った。

TDセキュリティーズ(トロント)の商品戦略責任者、バート・メ レク氏は電話インタビューで、「米国の信頼感の数字は経済が正しい道 を進んでいることを示しており、これは金にとってあまり好ましいこと ではない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.3%安の1オンス=1237.90ドルで終了した。一時 は1.1%上昇する場面もあった。

原題:Gold Drops as Gain in U.S. Confidence Spurs Fed Tapering Concern(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim. Editors: Patrick McKiernan, Thomas Galatola

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE