コンテンツにスキップする

EU:中国製ソーラーガラスに反ダンピング関税-28日から

欧州連合(EU)は調査対象として きた中国製ソーラーガラスに対する暫定措置として、反ダンピング(不 当廉売)関税を課す。税率は17.1-42.1%。ソーラーガラスは太陽パネ ル生産で使われるもので、再生可能エネルギー業界を舞台にした貿易摩 擦が激化しそうだ。

EUの欧州委員会は27日の官報で、中国からの不当に安い製品輸入 でEU加盟国のメーカー各社が「大きな損害」を被ったと指摘。28日か ら課す同関税の適用期間は6カ月で、5年延長の可能性もある。

欧州委によれば、EUのソーラーガラス市場における中国の輸出企 業のシェアは2009年の6.2%から12年には28.8%に拡大した。

原題:EU Hits Chinese Solar-Glass Exporters With Tariffs Up to

42.1%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE