コンテンツにスキップする

ゴールドマン:中国・ロシア株の投資判断上げ-改革に期待

米ゴールドマン・サックス・グルー プは先進国の成長加速と制度改革が中国とロシア株を押し上げるとし て、新興市場株で「最も割安」水準にある両国の株式の購入を勧めた。

ゴールドマンは26日のリポートで、中国とロシアのエネルギー株の バリュエーション(株価評価)が若干高まり得るとして両国の株式の投 資判断を従来の「マーケットウエート」から、「バイ(買い)」と同等 の「オーバーウエート」に引き上げた。韓国とメキシコ株は「オーバー ウエート」に据え置いた。

ブルームバーグ集計データによれば、ロシア株の指標、MICEX 指数構成銘柄の予想通期利益に基づいた株価収益率(PER)は4.3 倍、中国株を代表する上海総合指数は同8.6倍と、MSCI新興市場指 数(同10.5倍)を下回っている。

ゴールドマンは世界2位の経済大国である中国と、世界最大のエネ ルギー輸出国であるロシアは来年3月にも始まる可能性がある米緩和縮 小への懸念の「影響は比較的受けにくい」と分析した。

世界経済への寄与度で来年に先進国が新興市場国に追い付くとの見 通しも、中国とロシアに追い風になるとゴールドマンは説明。エネルギ ー分野での両国の協力拡大も指摘した。

ゴールドマンはまた、12日に閉幕した中国共産党の第18期中央委員 会第3回総会(3中総会)で示された改革の「正味の影響」が「同国経 済成長の持続可能性とバランスを向上させるだろう」と予測した。

原題:Goldman Says Buy China, Russia Stocks on Valuation to Reform (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE