コンテンツにスキップする

住友生命:インドネシアの生保株4割取得で合意へ、約380億円-来週発表

住友生命保険は、インドネシアの 国営銀行バンクネガラインドネシアの生保部門の株式の4割を取得する 方向で合意する見通しだ。同生保部門の増資分を370-390億円で引き受 ける形で、来月2日にも発表する。事情に詳しい関係者2人が明らかに した。

同生保部門は住友生命のノウハウ提供により、銀行窓販向け商品を 強化し、親会社に提供する。住友生命・広報室の宮武浩介氏はコメント を控えた。

バンクネガラのバイス・プレジデント・ディレクター、フェリア・ サリム氏は、生保部門の株式売却で交渉中で、年内合意を目指している と述べた。また、同行が引き続き株式の過半数保有を維持する方針を明 らかにした。

少子化により日本国内市場での事業拡大が難しくなる中、日本の生 保各社は今後成長が見込まれる東南アジアでの市場開拓に取り組んでい る。6月には、第一生命保険がインドネシアのパニン生命、7月には明 治安田生命保険がタイ生命への出資を決めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE