コンテンツにスキップする

感謝祭の休暇迎えた米東部を嵐が直撃か-NYで空の便に遅れ

感謝祭の休暇シーズンを迎えた米国 では、冬の嵐が東部を直撃すると見込まれており、アトランタからボス トンまで激しい降雨となりそうだ。

メキシコ湾で発達した低気圧が北上し、米北東部は気温がセ氏10 -15度まで下がると予想されている。ニューヨークなど米東部の大都市 で激しい降雨が見込まれるほか、降雪の恐れもある。

ニューヨークの空港では26日夕方から運航に遅れが生じている。航 空情報サービスのフライトアウェアによれば、現地時間午後5時15分 (日本時間27日午前7時15分)現在、ケネディ国際空港を出発する便は 平均28分、ラガーディア空港の発着便は25分以上の遅れとなっている。

フライトアウェアは、嵐により25日に米国では約430便が欠航とな ったとし、そのうち320便はダラス・フォートワース国際空港での欠航 だという。

原題:Storm Poised to Disrupt Holiday Travel in Eastern U.S. (2)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE