コンテンツにスキップする

【個別銘柄】パナソニクや共英製鋼上昇、楽天が急騰、藤倉ゴム大幅安

きょうの日本株市場で、株価変動材 料の出た銘柄の午前終値は以下の通り。

パナソニック(6752):前日比3.2%高の1164円。国内の半導体主 力3工場を分社し、イスラエルの企業に株式の過半を売却することで大 筋合意した、と27日付の日本経済新聞朝刊が報じた。海外の半導体工場 もシンガポールの企業に売却する方向で交渉に入ったという。

小野薬品工業(4528):5.8%高の7670円。クレディ・スイス証券 は26日付で投資判断を「アンダーパフォーム」から「中立」に、目標株 価を5500円から8200円に引き上げた。算出基準を株価収益率(PER) から同証独自の医薬品・バイオ企業のバリュエーション・ツールである 「PharmaValues分析」に変更、新薬の成功確率などを反映した。

楽天(4755):7.6%高の1544円。12月3日に東証ジャスダックか ら東証1部に上場市場を変更する、と26日に発表した。また、市場変更 と東北楽天ゴールデンイーグルスの初優勝を記念して1円の記念配当を 実施、未定としていた1株当たり期末配当は計4円を見込んだ。前期実 績は3円だった。

藤倉ゴム工業(5121):5.5%安の445円。公募による自己株式の処 分などで最大約16億円を調達する、と26日に発表した。資金は子会社へ の融資や借入金の返済に充てる計画。当面の需給悪化を懸念する売りが 優勢。

共英製鋼(5440):5%高の2087円。みずほ証券は26日付で投資判 断を「中立」から「買い」に引き上げた。鉄鋼大手の中では利益回復が 遅れている反面、これから新たに注目される可能性が高いと指摘。新日 鉄住金グループの中核電炉メーカーで、長期的に棒鋼業界再編の軸とし て拡大を予想した。

トラスト・テック(2154):8.4%高の1060円。12月3日に東証2 部から同1部に市場変更となる、と26日に発表した。投資家からの新規 資金の流入を期待した買いが入った。

日本ハム(2282):1.9%高の1611円。みずほ証券は26日付で投資 判断を「中立」から「買い」に引き上げた。海外事業がけん引し、15年 ぶりの最高益更新が視野に入ったと指摘。2014年3月期の連結営業利益 予想を325億円から335億円に、15年3月期を370億円から410億円にそれ ぞれ増額した。

ジェイテクト(6473):2.1%高の1582円。野村証券は26日付で投 資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を1350円から1800円に引き 上げた。電動パワーステアリングが新規納入や原価改善で大黒柱へ復活 し、欧州で苦戦するベアリングは取引形態見直しで採算悪化に歯止めが 掛かる見通しと指摘。14年3月期の連結営業利益予想を500億円から570 億円、15年3月期を580億円から680億円に増額した。

住友大阪セメント(5232):1.3%高の392円。SMBC日興証券 が26日付で目標株価を370円から475円に引き上げた。投資判断は「1 (アウトパフォーム)」を継続。建材・光電子などの非セメント事業の 収益が改善したことなどを理由に、14年3月期の連結営業利益予想を従 来の190億円から会社計画(200億円)を上回る205億円に増額した。

ヤガミ(7488):1.8%高の629円。5-10月期の連結営業利益が前 年同期比21%増の4億400万円だった、と26日に発表した。大型の理科 教育設備整備予算の執行が決まり、理科実験用機械器具の需要が大幅に 増加し、学校校舎耐震化などに伴う実習台・収納戸棚類の販売も好調だ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE