コンテンツにスキップする

アジア株:一進一退、資源株売られIT関連高い

27日のアジア株式市場は一進一退。 米コンファレンス・ボードが発表した11月の米消費者信頼感指数が予想 外に低下した。IT(情報技術)関連銘柄が上げているものの、資源株 は売られている。

中小企業銀行は4.2%安。韓国政府による1300万株余りの売り出し が嫌気された。BHPビリトンはシドニー市場で1.5%安。銅相場が約 1週間ぶりに反落したことが響いた。増配を発表した楽天は東京市場で 買われ、IT株の上げを主導している。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時46分(日本時間同3 時46分)現在、前日比0.2%安の141.39。一時は0.1%高となった。

原題:Asian Stocks Swing Between Gains, Losses on Miners, Tech Shares(抜粋)

--取材協力:Yoshiaki Nohara. Editors: John McCluskey, Sarah McDonald

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE