コンテンツにスキップする

GEエンジン搭載のB787などに氷結リスク、FAAが改善命令

米連邦航空局(FAA)は米ゼネラ ル・エレクトリック(GE)製エンジンを搭載した米ボーイングの最新 鋭旅客機「787」型機(ドリームライナー)とジャンボ機「747-8」型機 を使用している航空会社に対し、積乱雲の近くの飛行を避けるよう命じ た。一部航空機で氷結が生じたことに対応する。

26日に連邦公報で告示された耐空性改善命令(AD)は推進力低下 の恐れのある高高度の氷結条件を避けて飛行するよう操縦士に指示し た。FAAの命令に先立ち、日本航空は一部のアジア路線で使用する機 材を787から他のジェット機に変更した。

積乱雲は危険な雷や乱気流の原因として避けられてきたが、氷結リ スクで回避の必要性がさらに強まる。

日本航空のほか、米国の航空会社で唯一787を運航しているユナイ テッド・コンチネンタル・ホールディングスがGE製エンジン搭載 の787を保有している。ユナイテッドの広報担当によると、同社は787を 使う運航スケジュールや路線を変更していない。787の導入数最多の ANAホールディングスの保有機のエンジンは英ロールスロイス製。 GE製エンジンを搭載した747-8を運航するアトラス・エア・ワールド ワイド・ホールディングスは今月23日のボーイングの警告を受けて業務 を調整した。広報担当者が明らかにした。

原題:Boeing 787 Engines’ Icing Risk Spurs FAA to Warn Airlines (3)(抜粋)

--取材協力:Dan Hart、Mary Schlangenstein、Chris Cooper、Kyunghee Park、Robert Wall. Editors: Ed Dufner, Anand Krishnamoorthy

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE