コンテンツにスキップする

米HPの8-10月期:売上高・利益は予想上回る-企業需要で

米ヒューレット・パッカード (HP)の8-10月(第4四半期)決算では、売上高と利益がアナリス ト予想を上回った。サーバーやコンピューター、ネットワーク機器の企 業需要が追い風となった。

26日の発表資料によると、第4四半期の売上高は291億ドル(約2 兆9500億円)。アナリストの予想平均は278億ドルだった。一部項目を 除いた利益は1株当たり1.01ドルで、予想平均の1ドルを上回った。

HPは3人の最高経営責任者(CEO)の下で業績が低迷し、ほぼ 全ての主要市場でシェアを失う時期もあったが、3年目に入ったメグ・ ホイットマン現CEOは経費削減のほか、顧客や再販業者との関係の再 構築を進めている。企業のパソコン需要が世界的な低迷を補うのに寄与 する中、ホイットマン氏はプリンターやコンピューターサーバーなどの 分野で製品開発を再開した。

ロバート・W・ベアードのアナリスト、ジェイソン・ノランド氏は インタビューで「企業向けPC市場は安定しつつあるもようで、ホイッ トマンCEOは前進した」と指摘。前任のレオ・アポテカー氏の下で 「落ち込んだ士気も向上させた」と評価した。

HPの株価は決算発表後の時間外取引で上昇。一時は8.3%高 の27.17ドルを付けた。通常取引終値は前日比0.9%安の25.09ドル。

8-10月の純利益は14億1000万ドル(1株当たり73セント)。前年 同期は68億5000万ドル(同3.49ドル)の赤字だった。1年前のこの時期 には、買収した英ソフトウエアメーカー、オートノミーの不正会計につ いて調査を受けていることを明らかにした。HPはこの買収に関連 し、88億ドルの減損処理を行っている。

11-1月(第1四半期)については一部項目を除いた1株利益が82 -86セントになるとの見通しを示した。ブルームバーグのデータによる と、アナリスト予想平均は85セント。

原題:Hewlett-Packard Sales Top Estimates on Corporate Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE