コンテンツにスキップする

東洋ゴムが罰金122億円の支払いに同意、価格操作で-米司法省

東洋ゴム工業はトヨタ自動車などの 自動車メーカーに販売された自動車部品の価格操作で共謀したことを認 め、1億2000万ドル(約122億円)の罰金支払いに同意した。米司法省 が明らかにした。

米司法省の26日の発表文によると、東洋ゴムは1996年から少なくと も2012年5月まで防振ゴムの価格操作で共謀した。この部品はトヨタの ほか日産自動車や富士重工業に販売されていた。

同省によると、自動車部品業界の価格操作をめぐる調査が続く中、 東洋ゴムを含め22社が摘発され、総額18億ドル余りの罰金の支払いに同 意している。

原題:Toyo to Pay $120 Million Criminal Fine in Price-Fixing Case (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE