コンテンツにスキップする

アジア株:MSCI指数、もみ合い-産金銘柄は高い

26日のアジア株式市場では、 MSCIアジア太平洋指数がもみ合っている。産金銘柄が買われる半 面、為替相場が円高方向に動いたことで日本の輸出株は下げている。

日本の自動車株が売られ、ホンダは1%安。韓国の斗山建設はソウ ル市場で15%安。償還可能な転換優先株式を発行すると報じられた後、 発行を検討中と当局に届け出た。オーストラリアの金探査会社ペルセウ ス・マイニングは、金相場上昇を受けて4.6%高。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後0時30分(日本時間午後 1時30分)現在、前日比0.1%高の141.91。一時は0.2%安となった。米 金融当局が月間の債券購入額を来年まで現行水準に維持するとの観測を 背景に、同指数の年初から今月25日までの上昇率は9.6%となってい る。バリュエーション(株価評価)は約半年ぶりの高水準近くで推移し ている。

原題:Asian Stocks Swing as Valuations at Six-Month High, Yen Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE