コンテンツにスキップする

米バークシャー、エナジー・フューチャー債の保有削減-関係者

資産家ウォーレン・バフェット氏が 率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは電力会社エナジ ー・フューチャー・ホールディングス(旧TXU)債の保有を30%余り 減らしたことが、事情に詳しい関係者の話で分かった。同社は利払いを 実施し、破産申請を回避している。

バークシャーはエナジー・フューチャー傘下のテキサス・コンペテ ィティブ・エレクトリック・ホールディングスの無担保優先債を額面価 格で約18億ドル(約1830億円)相当保有していたが、このうち約6 億1500万ドル相当を今月売却した。売却は非公開だとして関係者が匿名 で語った。バークシャーがウェブサイトに掲載した当局への届け出によ ると、同社は2010年から今年7-9月(第3四半期)に計19億ドル余り の評価損を計上したが、その「実質上の全て」はテキサス・コンペティ ティブ債関連だった。

米金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告システム、ト レースによると、テキサス・コンペティティブの18億3000万ドルの2015 年11月償還債(表面利率10.25%)価格は8日に額面1ドル当たり9.125 セントと、7月以来の高値となった。9月25日は1.87セントだった。11 月22日時点では7.125セント。エナジー・フューチャーは1日に利払い を実施している。

原題:Berkshire Said to Reduce Its Energy Future Bond Stake by a Third(抜粋)

--取材協力:Richard Bravo、Zachary Tracer. Editors: Alan Goldstein, Dan Kraut

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE