コンテンツにスキップする

香港株(終了):続落-中国石油化工の下げ響く

香港株式相場は続落。アジア最大の 製油会社、中国石油化工(SINOPEC)の下げが響いた。

中国石油化工(386 HK)は2.6%安となり、エネルギー銘柄を押し 下げた。パイプライン爆発・死亡事故を受けて社員7人が当局に拘束さ れた。取引初日となった牛乳メーカー、原生態牧業(1431 HK)は新規 株式公開(IPO)価格比で3.7%安。

一方、テレビメーカーの創維数碼(スカイワース・デジタル・ホー ルディングス、751 HK)は4-9月(上期)の増益が好感され8%高。

ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.8%安の11302.03で取 引を終了。ハンセン指数の終値は、同3.17ポイント安の23681.28で、こ の日は0.1%安から0.3%高の間で推移した。

UOBケイ・ヒアン・ホールディングスの法人セールスディレクタ ー、梁偉源氏は電話取材で、「先週の相場上昇を受けた値固めだ」と指 摘。「中国株のバリュエーション(株価評価)が依然として非常に低い ことから、投資家は来年の上昇に向けてポジションを組んでいる。市場 参加者は中国でのさらなる政策変更を待っている」と述べた。

原題:Hong Kong’s H-Share Index Slides for Second Day as Sinopec Drops (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE