コンテンツにスキップする

中国当局:SINOPEC社員7人を拘束、青島の爆発事故で

中国当局は同国製油最大手、中国石 油化工(SINOPEC)のパイプライン爆発・死亡事故を受け、同社 社員7人を拘束した。

事故が起きた中国東部・青島の経済技術開発区の関係者2人も警察 に拘束された。同市黄島区の地方政府が25日、公式の簡易ブログへの投 稿で明らかにした。

22日の事故では、同国石油化学産業で少なくとも2005年以来最悪と なる55人が死亡。中国政府は今月、1990年代以降最大の改革の一環とし て一層の民間投資を認める方針を示しており、今回の事故で国営エネル ギー会社の経営が注目を浴びている。

社員拘束についてSINOPECの北京在勤広報担当者、呂大鵬氏 に電話などでコメントを求めたが、返答はない。

原題:Sinopec Personnel Detained After Deadly Pipeline Blast (2) (抜粋)

--取材協力:Rebecca Keenan、Yuriy Humber、Andrew Hobbs. Editors: Madelene Pearson, Iain Wilson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE