コンテンツにスキップする

米クライスラーがIPOを来年に先送り、税の問題で-関係者

米自動車メーカー3位、クライスラ ー・グループは所定の税問題の解決が遅れたため新規株式公開 (IPO)を来年に先送りした。事情に詳しい関係者3人が明らかにし た。

これら関係者によれば、クライスラーがIPO後の税金負債を明確 にするためには内国歳入庁(IRS)の通達が必要であり、同社は通達 なしでのIPO実施は望んでいない。この問題が非公表であることを理 由に関係者が匿名で明らかにした。クライスラー株58.5%を保有するイ タリアのフィアットは、労働組合の持ち分が来年1-3月(第1四半 期)に提供される可能性があると述べた。

フィアットの25日の発表によると、クライスラー取締役会は引き受 け幹事と協議し、年内のIPOがもはや実行不可能だと判断した。

原題:Chrysler IPO Said Delayed to 2014 Over Tax Confusion in U.S. (2)(抜粋)

--取材協力:Leslie Picker. Editors: Jamie Butters, Niamh Ring

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE